--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のゲームについて

2014年05月01日

ちゃんとするサスペンス劇場、地道に作っている最中です。

シナリオ書きあがったのが2月中(たしか)それからもう2か月位経っちゃうのか!!

今ゲームに組み込んでいるんですが

やっぱり時間を置いてもう一度自分の書いたシナリオを見ると結構穴が多くて。

だばだーっと書き上げると、結構脳内補完してる部分が多い様で、

「あー、ここもう少し説明必要だな」とか「似たような文の使い回ししてるな」とか、絶賛添削中です。


そういえば、今さらだけど私の作ってるゲームってあんまりゲーム性はないなぁとか思ったり。

思えば

ラブラブ大作戦は「とりあえず乙女ゲー!作りたい!」みたいな気持ちで作ったゲームで

魔法お仕事物語はツールをNスクに変えてみて、さらに採取ゲーとかに出来たらいいなとか思ってたんだけど
力不足で選択肢ゲーになりました。

その後の蒼の屋敷は竜騎士07さんみたいな、物語を何回も回って色んな側面から一つの出来事にたどり着くみたいなやつ作りたい!と思って出来ました。

はぴはぴはろうぃんは、少しNスクにも慣れてきたので念願の採取ゲーが出来ましたが
製作期間がとっても短かったので(ハロウィンに合わせて作った)あんまり内容いじれなかったなぁと思います。
(それでも、数日ごとにかわる各キャラクターの会話は結構苦労したなぁ)


そんで今に至る訳ですが(途中、合作に参加させていただいたりして勉強になった)
ようやくゲーム作りについて、具合が少しだけわかったような気がします。

今回のサスペンス劇場(仮)は
サスペンスドラマみたいな見てて楽しいものを作りたいなぁと思って製作始めました。
でもこうやって時間をかけて作ってると
ゲームなんだし、ゲーム性ももうちょっと考えようと思いました。

それにこんなに大真面目に文章を何度も添削するのも初めてで

文章の世界も奥が深いし、まだまだ私は未熟者で学ぶことが多いなぁと思うのです。

絵もまだまだなのです。製作に関する知識もまだまだなのです。

でも楽しいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。