--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔法お仕事物語」誤字訂正/ごちゃごちゃ日記(追記)

2015年04月14日

タイトル通りですが、「魔法お仕事物語」の誤字訂正をいたしました。


やっぱり、自分で自分のテキスト読んでると見すぎて目がすべるっていうか、誤字脱字衍字に気づきませんね。
教えてくださった方、ありがとうございます!とてもわかりやすかったです。

以下、まとまりのない文章で自分の方向性を書いているだけです。

久々に魔法お仕事物語のゲームデータを覗いてみたら、最終更新が2013年5月18日でした。
2年近く前…。この頃は「蒼の屋敷」を発表したあたりで、Nscripter(「魔法お仕事~」と「蒼の屋敷」を作るのに使ったゲームの制作エンジンの事です。以下Nスク)を使ってゲームを作っていました。
(厳密にいうと、2013年内はNスクを使ってゲームつくってました。)

後に、Livemakerを使ったフリーゲームでぐりんぐりん動き回るゲームをプレイして感動し
私もLivemaker使ってみようと思って作ったのが「リカ」のゲーム。(習作にぶっこんであります)
※その前にも、吉里吉里でめちゃくちゃ動き回るゲームをやって、すごすぎる…と感動した事もあります。
現代ものサスペンスを作ろうと思ったのもそのゲームをプレイしてからです。
私も吉里吉里使ってみよう!と思っていじったのですが、スクリプトにNスクと共通点はあるものの、一から覚えるのは難しくて使用を断念しました。

まあ、とりあえずそんな感じでLivemakerを使って「雨雲」を作り始めたんですが
とっても使いやすかったんです。Livemaker。びっくりしました。
事前にNスクを使っていたから、ゲーム制作の知識も少しはあったし取っ付きやすかったです。
お陰様で致命的だったり自分じゃ直せないようなバグも出さず「雨雲」を公開する事ができました。


でも「雨雲」に制作1年近くかかったのもあり、しばらくNスクで制作に触れていなかったので
私の頭の中からサラサラとNスクの知識が流れ落ちてしまっていたのでした。
それを痛感したのが今回の「魔法お仕事~」の誤字訂正です。
ゲームの誤字訂正自体は、以前教えて頂いた、「Yet Another nsdec」というNスクソフトの暗号化、複合化ソフトで直せたので良かったなあ~と思ったんですが
これ、自分で作ったNスクのゲームのサポート出来ないんじゃないかなとも思いました。
Nスク使ってた時だって、バグ直しにヒーコラしてたのに
Nスクの知識を忘れている今、バグなんて直せないやん。
(サポート出来ないゲームを公開するって良くないなあ…)
※Nスクは可能性や自由度が高い、とても素晴らしいツールです。やり方によってはスマホ展開もできちゃうんですよ~!

そう思うと、ちょっとツール練習の為にもTNあたりは別の制作ツールで作り直ししてもいいんじゃないかなと思いました。
(今のとこ思ってるだけ)
やるとしたら、ストーリーや内容は前のままで、絵だけ直す程度ですね。


次回作は何を作るかまだ全然浮かばなくて(雨雲作ってた時は、あれ作りたいこれやりたいって抽象的には思ってたんですが、今は考えがまとまらんのです)
とりあえずフリゲやったりスーファミのゲームやったりしつつ、手慣らしにリメイクもいいかもしれないなあ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。