--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム制作(習作)

2015年08月05日

習作のゲームを作っています。
そのためのシナリオをとりあえず書き終わりました。
途中までは普通に描いていたんですが、だんだん青春色が強くなってきて
描き終わる頃には「私なんでこんな爽やかな話書いてるんだろう…」と思いました。
書きながら自分にグサグサとナイフを突き刺していく感じです。
黒ひげ危機一髪の樽にナイフを刺しまくって、黒ひげ飛んでいったあともさらに刺し続ける…
でもシナリオ書き終わって、楽しかったです。

私の考える学生青春ストーリーには2種類あって
嫉妬、愛憎、見栄がはびこるのがリアルな学園物語
幸せ、爽やか、ハッピーなのがファンタジー学園物語
なんですけど
今これを書いててどんだけ自分の考えるリアルな物語って幸せ度が低いんだよと思いました。
だってだって、年頃の子達が集まったら絶対嫉妬は生まれるし、
スクールカーストによる身分の差もあるし、楽しいことばかりじゃないんだって。

なんでだろう。楽しい学園ものをみるのは好きなのに(ラブライブとかみんな仲良くて幸せで大好き…)
自分で書くと辛くなってくるのは…。

今回書いているのはファンタジー学園物語です。
上記のカースト的な部分は一切とっぱらいました。
幸せな世界です。
夏を全開に感じて書きました。
でも出来上がるのはきっと9月以降です。

シナリオが出来たから組み込みつつ調整ですじゃ。
作業用PCのある部屋は冷房設備が無いのでこの夏はやばそうです。
今年は去年よりも熱い気がする…
アイスノンを身体に巻き付けて、麦茶を準備して、漬けた新生姜を食みながら頑張ります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。